事前に確認しておこう!冠婚葬祭に必要な費用

事前に費用を確認しておこう

必要な費用の相場を確認

お葬式一式に必要な費用

葬儀一式の費用は、大体100万円ぐらいです。
個の費用の中に、お葬式をするために必要なものが含まれています。
例を挙げると、祭壇や棺、さらに火葬場まで運ぶ寝台車などの費用があります。
基本的な費用で、お葬式全体の半分ぐらいが、この葬儀一式の費用になると言われています。
最も高額な部分なので、業者に依頼する時は見積もりを聞いてください。

個人で棺などを用意するのは大変ですし、実際は精神状態が良くなかったり、混乱したりするので個人がお葬式の準備を済ませるのは難しいです。
お葬式の準備を請け負ってくれる業者が存在するので依頼した方が良いでしょう。
するとスムーズに準備を進めてくれますし、業者によっては安い価格で受け付けてくれます。

その他の費用が存在する

お葬式には、たくさんの参列者が訪れます。
彼らをもてなすための費用もが、50万円前後になると考えてください。
主に飲食代として使われます。
お葬式が一通り済んだら、親戚や友人を含めてささやかな食事会になることが一般的です。
お葬式の費用を考える時は、そのような飲食代のことを忘れないで含めてください。

亡くなった人は戒名をもらったり、また僧侶にお経を唱えてもらったりしなければいけません。
僧侶に依頼する費用も、大体50万円ぐらいかかると覚えておきましょう。
しかし亡くなった人が所属していた宗教によって、金額が大きく異なる場合があります。
宗教を間違えたらお葬式ができないので、必ず事前に確認してから僧侶に依頼してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る