事前に確認しておこう!冠婚葬祭に必要な費用

事前に費用を確認しておこう

高額な費用が発生する結婚式

結婚式を挙げるための費用

全体では300万円ほど発生しますが、結婚式だけの金額を見ると、50万円ぐらいになります。
教会を借りたり、タキシードやウェディングドレスを借りたりするのに必要な金額です。
音楽はCDを使うことが一般的ですが、雰囲気を盛り上げるためにオーケストラの生演奏が良いと考えているカップルも見られます。

その場合は価格がさらに高くなって、結婚式を挙げる時に必要な費用は60万円から70万円になります。
オーケストラの生演奏にしたい場合は、予算内に収まるのかよく考えてください。
これ以外にも、他の部分で費用が必要になる可能性が高いです。
予算を越えてしまいそうになったら、生演奏は諦めてください。
CDでも、十分雰囲気を盛り上げることはできます。

ゲストをもてなすための準備

新郎新婦祝いに、友人やこれまでお世話になった人たちが来てくれます。
結婚式では、来てくれた人たちのことをゲストと呼んでいます。
披露宴をする時に、おいしい食事やドリンクでゲストをもてなしてください。
飲食代に、100万円ぐらい掛かると言われています。
ですが人数分を用意しなければいけないので、ゲストの人数が多くなると飲食代が高くなると思ってください。

逆にゲストの人数が少ない場合は100万円以下で済むと思います。
結婚式や披露宴を挙げたいけれど、お金の準備が難しいカップルは招待するゲストの数を少なめに設定すると良いでしょう。
小規模な結婚式にすると、全体の費用削減に効果を発揮できます。
誰を招待するか、厳選してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る